消費者金融エイワ

消費者金融エイワ以外の初心者向けの借入先とは?

借り入れ初心者が求める条件

お金を借りる場合、選ぶ条件というのは人それぞれですよね。金利や限度額、店舗の所在地などたくさんありますが、僕が最初に融資を受ける時に重要視した点というのは初心者向けであるかどうかでした。

僕は初めてお金を借りるときはどうしても不安の方が大きく、正直言ってかなり躊躇していたと言えます。いっその事借りない方がいいかな…とも考えてしまいそうでしたが、さすがに医療費として使うお金とあれば、自分のお金で何とかならないなら借りるしかありません。選択肢は借りる他なかったのです。

インターネットや広告で調べた僕が初心者向けとして最初に見つけたのは、消費者金融エイワでした。エイワが初心者にオススメと言われる所以は、必ず対面してからの融資になることです。例えば借り過ぎになりそうだったら注意してもらえますし、とにかく融資について何も分からないなら、その場でしっかり丁寧に説明してもらう事が可能です。相談可能は大きいですよね。

でも、エイワには欠点があります。それは対面必須という利点にも繋がっている点であり、対面しないと借りれないというのはなかなか忙しい時などは利便性が低く、小回りが利かないというと急に欲しい時に借りれない事が多く、それは初心者でもある僕からしても悩ましい欠点でした。

他の消費者金融でも相談に乗ってくれます

なので僕としては欲しい時に借りられて、なおかつ相談などもしやすい業者というのが理想でした。そんなことを言っているとどこからも借りられない…そう自分で諦めかけていた時に、それが見つかったのです。

それは大手消費者金融として積極的な宣伝も行っている場所でした。これもネットで見つけたのですが、ここは初心者向けとしてわかりやすい取り組みもしており、さらにはカードでの融資という事で、まさしく理想通りでした。

カードでの融資と言えばカードローンということですが、審査の緩いカードローンの場合は一度審査に通過すればいつでも借り入れを行う事が可能です。これは緊急時の融資にも対応しやすいという事ですね。

さらに初心者の為の取り組みの一環として電話やメールでの相談にも力を入れている為、初心者でも安心して使う事が可能です。メールや電話なら出かけ先でも相談する事が出来るので、より場所を選ばない使い道が期待出来るのです。

結果的にそこで借りる事になりましたが、本当に満足のいく結果になりました。初心者の私の不安を解消してくれて使い勝手の良いカードローンも手に入ったので、本当に初心者のうちは借入先を慎重に選びたいものですね。

カードローンを利用しながらマイホームを持つ方法

マイホームを持ちながらも自分の生活や趣味のためにカードローンを使いたいという人は少なく無いと思います。これは併用して利用するのが難しいように思えますが、いくつかの方法を使えば十分にカードローンを使いながらマイホームを持つことは可能です。

まず前提として考えておきたいのがカードローンの利用額をできる限り少なくしておくということです。エイワでは50万円までの上限金額が設定されていますが、マックスでもこのくらいまでにしておきましょう。エイワを使ってもいいですし、エイワ以外の大手を使ってもいいでしょう。ただし大手を利用した場合には増額を勝手にされてしまって枠を広げられてしまい、かなりの借り入れが出来る状態になってしまうこともあります。そうなるとマイホーム用のローンを持つことが難しくなるので、気をつけましょう。

さてカードローンの利用をエイワの上限額くらいまでにするとした場合、どうやってマイホームを持つかですが方法は3つあります。一つは中古の物件を買ってリノベーションをすることです。この時にローンを組むのですが、中古物件の場合はリノベーションと合わせても新築物件を買うよりも安く済むことが多くあります。ローンの金額を落としてマイホームを持つことも可能なのです。

もう一つの方法は持っている家をリフォームする方法です。これが一番安く済むのですが、親から引き継いでもらって家をリフォームすることによって1000万円程度のローンで済むので、組みやすいと言えるでしょう。最後の一つはマンションなどを買うことで、買う家のレベルを下げることです。カードローン分で圧迫されているのであれば、家のレベルを下げることでローンを組むことができるようになります。結果的に狭い家や古い家になるかもしれませんが、ローンの返済中にリノベーションをして借り増しする方法もあります。

このようにいくつかの方法を利用すれば十分カードローンをエイワくらいの上限金額まで利用しつつ、ローンを組んでマイホームを持つこともできるのです。工夫次第ではなんでも出来るのであきらめないでファイナンシャルプランナーさんなどに相談してみるのもいいかと思います。

いくらまで借入をしたいかによって使うキャッシングは変わる

借金をするときに計画的に利用しようというのは消費者金融業界では合言葉やスローガンを表すくらいの言葉になっています。たしかにその通りで計画的に利用することは重要なのですが、消費者金融で計画的に利用するというのはいくらまで何に使うかということが重要です。

まずいくらまでという点では10万円なのか20万円なのか、自分が必要な額というのをしっかりと把握するということです。そして最初に必要な額、いわゆる頭金だとか手付金だとか言われているのはどのくらいか?というのを把握しておきましょう。10万円程度の少額であれば大手の銀行系カードローン以外にもエイワ等の小さめの貸金業者を利用するという手もあります。少額であれば小さめの地方の貸金業者は結構強みを持っていますから利用してみる選択肢は無くす必要はないでしょう。逆に大手を利用するのであれば、数十万円から100万年を超えるくらいの借り入れをするときにオススメです。その際には数百万円までの借入枠を設定できます。もちろん総量規制対象外のところを選べば、年収の3分の1を超えて借り入れすることも可能です。

もう一つの何に使うかも重要で、何に使うかによって借りるべきか借りないほうがいいかというのも変わってきます。例えば単純に欲しいものを買いたいというのであれば、それが一回きりならいいでしょう。しかし何度も何度も買いたくなる洋服やバッグ、靴などであれば借り入れをしないほうがいいと思います。あまりに連続で借り入れをして買うということに慣れてしまうと自己破産や債務整理の可能性が出てきてしまうからです。危険な借り入れはしないほうがいいので、こういった借入方法はおすすめしません。おそらくエイワなどで借り入れをしようとすれば、怒られる可能性もあるような使い方です。

というようにどのくらい使うのか、そして何に使うかをはっきりとさせることで計画的に消費者金融を利用することが可能です。自分で使うことなどがはっきりした場合は、消費者金融を利用しないということも考えに入れておいた方がいいということも、忘れてはいけません。

マイカーローンを借り入れするなら消費者金融等はやめておこう

大人になったら何かしらの車に乗る、できればいい高級車に乗りたいと思ったことが男の人なら多いでしょう。いい高級車に載ることができれば自分が成長したように思いますし、仕事や人生で成功したのではないかと考える事もできます。なのでマイカーローンを使ってでもほしいと思う人が多いと思いますが、このマイカーローンというのは以外に審査が緩いとされています。どのくらいかというと、年収がかなり低くアルバイト歯科していない人でも100万年単位で借り入れができる、というものです。よく収入に見合わない高級スポーツカーに乗っている人がいたりしますが、それはマイカーローンを利用しているからです。

審査が緩いのはその通りなのですが、マイカーローンを利用するときに気をつけたいのは消費者金融を利用しないことです。消費者金融を利用していると「他に借り入れがある」ということでマイカーローンの借入を邪魔することになります。具体的に言えば150万円までローンを組めるはずなのに、消費者金融での借り入れが50万円あるからということで、100万円までしか組めなくなるということがあるのです。ちなみにこれは単純な計算ですが、場合によっては10万円しか消費者金融を利用していないのに150万円が100万円まで下がってしまう、というようなこともありうるのです。これはローン会社独自の計算方法によります。

またウワサではエイワのような中小貸金業者であれば、借り入れをしている事実がばれないからマイカーローンに影響を与えないという人もいますが、これはほとんど嘘だといえるでしょう。たしかに中小貸金業者の中には信用情報に載せないで貸出をしているところもありますが、ほぼヤミ金です。ヤミ金から借り入れをしているということは何処かからわかるもので、結果的にマイカーローンも借り入れできなくなり可能性は高いです。エイワの場合はちゃんと信用情報に載せているので、必ず借り入れに影響を与えると思って間違いありません。

ちゃんとした消費者金融を利用し、マイカーローンも利用したいというのであれば、まずは全てを完済してからローンを組んだほうがいいでしょう。

グレーなマイバンクとエイワは一緒にしてはいけない

最近ちょっと活動が多くなってきているのか、闇金系の情報がとある掲示板でよく出回るようになりました。元々闇金ですからちゃんとした広告が出せるわけでもないので、インターネットの掲示板などでPRをしてお客を集めたり、自己破産した人に連絡をしたりして個客を集めるという方法をとるのが闇金です。そんな闇金のマイバンクという業者が少しだけですがネット上で目立っていました。

マイバンクという名前からして郵便局や銀行が出しているような、ポピュラーな預金か何かかな?と思ってしまうかもしれません。実際にマイバンクという名前のサービスを出している優良業者もありますから、これは明らかに誤認を目的としてつけた名前であると考えられるでしょう。誤認させて安心して使わせるというのを狙ってつけた名前だと思います。

このマイバンク、どうやら闇金のようですがエイワとの関係性が疑われているようです。エイワは元々優良中小貸金業者ですけれども、こうやって裏でマイバンクを動かしているのではないか?という噂があったのですが、これはうわさレベルであって全く問題のないものであった、とされています。少なくとも現状、エイワと闇金のマイバンクがつながっているという情報はありません。

中にはエイワとつながっているのであれば問題無いだろう、闇金ではないはずだと思って使ってしまった人もいるようです。そうしてヤミ金の被害にあった人も多くいるので、こういうややこしい名前をつけるのは本当にやめて欲しいものです。しかも優良中小企業業者とつながっているというのを匂わせることで安心させようという手口を使うのも、汚いですね。

結果的に今は闇金被害も減ってきているとはいえ、それでもこうやって誤解をさせて利用させようという巧妙な手口を使ってくる業者はたくさんいます。こういった業者にだまされないためにも、十分信用が置ける消費者金融一社だけを使い続けるという方が、安全安心ではないかと思います。すぐに他の業者を使ってしまうのは自分の身の安全を考えてもあまりおすすめできるものでなさそうです。

一般的な消費者金融は何社まで利用することが可能か

「消費者金融で上限いっぱいまで借入をしてしまいました。他の会社から借りたいのですけれども一体何社まで利用していいものなのでしょうか」という質問を見かけました。消費者金融を利用している人のほとんどは消費者金融を何社か並行して使っているものです。それも多い人なら10社ほど使っていたりしますが、そんなにいくつも利用できるのかと考えるかもしれません。

結論から言うと何社までと言うのは特に決まっているわけではありません。何社まで利用できると決まっていないので、好きなだけ使うことだって出来ます。闇金やエイワなどの中小を合わせれば更に増えていくことでしょう。しかし実際にエイワ等から断れるということもあるので、人によって使える会社数というのは違ってきます。しかしこれではあまりにも曖昧なので、ひとつの参考になる指標を持っているといいと思います。

それは3社までという考え方です。3社まで利用できるというのは別にどこに書かれているものでもないのですが、3社までなら一般的な銀行系カードローンや銀行のフリーローンで一本化できる会社数だからです。一本化というのは借金をまとめるものですが、借金をまとめて一つにするにはたいていの一本化サービスでは3社までというように決まっています。4社以上になるとまとめられないので、3社まででまとめるのがベストと考えられます。

ではそれ以上に借りている人、それこそ10社ほど借りているような人はどうしたらいいのか?ということですが、これはすでにもう債務整理をしなければならないレベルになる可能性があります。遅かれ早かれ任意整理なり自己破産なりをして、支払いができるレベルまで落とすか棒引きをしてもらうしか方法はないと思います。何十社も借入をしていて返済できるほど消費者金融というのは甘いモノではありません。仮に返済できるのであれば、一本化サービスを適用できているはずですが銀行は受け付けないでしょう。

ですので結論的には何社までも借り入れすることは可能ですが、安全に利用するのであれば3社までにしておくこと、これが一番だということです。

イメージだけで書かれた消費者金融の口コミには注意!

口コミサイトって使ってますよね?使っていない人のほうがインターネットを使っているなら少ないと思います。口コミサイトと言われていなくても、どういうものでも必ず口コミやれびゅーといったものが載っているのが当たり前になっているのですから。本を買ってもそのレビューが載っていますし、商品を購入してもそのレビューが載っています。何かサービスを利用した時の店舗の状況はどうだったか?それも口コミとして載っています。

今や口コミのないサービスのほうが少ないインターネット上ですけれども、インターネットでの口コミというのは気をつけておいたほうがいいのです。例えば本などの場合は本を書いている本人がレビューを隠れてつけていて、褒めている時もあります。またその著者の友達が助けてあげる形でレビューを書いてあげたり、もしくは一斉に注文することでランキングをあげようとしたりします。インターネットの場合、こういった方法が当たり前のように行われています。

消費者金融系の口コミでも気をつけたいのはイメージだけで書かれている物が多いということです。特に自分が嫌な思いをされたということをこれでもかというくらい書きなぐる人がいますが、これはイメージが先行し過ぎであると言えます。エイワなどは特に対面での借入のために、何か少しでも嫌なことを言われたりすると、それを親の敵のように書いてしまう人もいます。こういったイメージ先行の口コミやレビューというのはエイワ以外にもたくさんあるので参考にしないようにしましょう。

どうしてこういうことをする人がいるのかというのをうまく説明した人がいるのですが、どうやらエイワなどの消費者金融の悪口を書く人はそれでストレス発散を行っているようです。日頃いいことがないとか何かしら抑圧されたものを消費者金融の悪いイメージだけをふくらませてブログに書いたり口コミに書いたりしてストレスを発散させているのだそうです。非常に迷惑なことではありますが、あまりストレス発散のためにこういった行為に走った口コミなどに惑わされないようにしましょう。

エイワは年齢制限の上限が結構高めに設定されている

今、年金の心配をしていない人たちというのは日本にどのくらいいるのでしょうが。現在すでに年金をもらっている人であっても、いつまでもらえるのかと心配するくらいですし、元々もらっていない老人も多く、生活保護になっている人も多いとされています。若い人は当然もらえないものだと思って自分で自分を守ろうと考えている人も多いくらいです。

将来的に年金がもらえないならサラリーマン生活や事業主生活を長く続けるか、もしくは多大なお金を貯金できるようになるかしかありませんが、ほとんどの人は今不景気のために給料も上がらず、貯金できない状態です。となると、60歳までで定年と言われていますが65歳まで延長し、さらに70歳75歳まで働き続けなければならない事になるでしょう。それだけの年齢になれば体も動きにくく雇用されにくくなりますから、仕事の種類も変わってくるでしょう。

こういう状況がいつまで続くのかはわかりませんが、おそらく将来的ににはエイワのように70代であっても貸出をするという貸金業者は増えていくのではないでしょうか。一般的な消費者金融の年齢制限はサラリーマンの定年に合わせているとされています。例えば少し前までなら60歳だったのですが最近は65歳までに伸びています。定年延長をされる人が多くなり、それが当たり前になっているからでしょう。これがエイワの場合年齢制限が74歳まで伸びているのです。おそらくエイワもこの年齢よりも更に伸ばしていく必要があると考えていると思われます。

今後は大手消費者金融もエイワの年齢制限のようにどんどん年齢を高くしていくことが考えられます。今までは借り入れができなかった老人層も借り入れできるようになるのでいいことのように思いますが、あくまで年金が支払われないということがあるからこその措置だということです。結果的に国が年金を払って生活が安定していくようになれば、こういうことは必要なくなるのですが、それがいつになるかは誰にもわかりません。それなら消費者金融で生活していくというのも選択肢として入ってくるのもやむを得ないのではないでしょうか。

個人事業主の人が中小貸金業者を利用するのは当たり前だ

個人事業主の人たちが資金繰りをどうしているのか?というと、意外なところで消費者金融系のお金を利用しているという事実があります。直接消費者金融から借りたお金をビジネスに回しているというわけではないと思いますが、カードローンやキャッシングなど色々と利用しています。しかし個人事業主は自由で羨ましいとされますが、1つだけ欠点があるとすれば、こういった金融系の信用が非常に低いということです。

信用が低いというのは具体的に言えば個人事業主だからという理由で消費者金融もお金を貸してくれない業者があるし、クレジットカードも作れないところがあるくらいです。体感的にはちょうどアルバイトやパートである程度稼いでいる人くらいしか信用がないといえるでしょう。たとえ収入ではサラリーマンを上回るくらいのお金を稼いでいたとしても、です。

ですから必ずと言っていいほど個人事業主であれば、中小企業系の金融機関、例えばエイワのような業者を使ったことがあります。使ったことがないにせよエイワを使うところまで検討したという人もいるでしょう。大手の消費者金融やキャッシング業者から断られてしまえば、もう後は中小のエイワなどを使うしかないので、個人事業主としては追い詰められていると言えます。

特に従業員を雇っているであるとか、支払いの額が多いところなどは資金繰りが大変になります。在庫を抱えているような業種は仕入れが必ず発生しますから、仕入れた商品をすべて売り切らなければまた資金繰りに困ってエイワなどを使わざるを得なくなる…ということになりかねません。商売をやっていれば山あり谷ありですから、こういうピンチを迎えることも多々あります。それでも長く続けていくためには、エイワなどから借り入れをするということもビジネス上必要になってくるわけです。

なかなか一般的なサラリーマンをしていれば、こういう意味や理由というのはわからないかもしれませんが、個人事業主には個人事業主のやり方というのがあります。サラ金を利用するというのも当然の生き残り策なのですから、周りにあわせる必要もないのです。

公務員に若者がなりたい理由は借入の信用も関係している

今就職先の人気ランキングで一番人気のところといえばどこかわかりますか?IT系の企業だとか思われているかもしれませんが違います。実は若者は今、非常に堅実的になっていて公務員になるのが一番と考えている人が多いのです。次に民間企業であれば銀行と考えているのです。大手銀行であれば倒産しかかっても国からお金をもらえて倒産しないから、という点から安定していると思っているようです。

大手銀行や公務員に人気が集まっているのは高い給与や福利厚生ではなく、あくまで安定性と言われています。公務員は今でこそ給料が高いと言われていますが、それでも外資系の会社に比べれば低いですし、昔は民間よりも低いためにバカにされたりしていました。大手銀行もバブル時代には羽振りがよく、1000万円を超える給料をもらうのも当然でしたが、今はそこまでの給料がもらえるのは一部出世競争に勝つことが出来た人間だけになっているようです。

それでも安定というのは確かに社会がこの安定を評価している、という点も大きいです。例えば銀行や消費者金融からお金を借りるときには必ずどういう職業なのかを見ます。そして公務員や大企業で働いているのであれば審査に通りやすくなり、かつ審査後の借入枠も優遇される用になっています。社会的にそういった安定している職業が好評化されているのですから、学生が目指すのは当然のことです。

消費者金融の中にもエイワのようなあまり職業などは関係なく、借り入れする人の人柄を見て貸出しするかどうかを決めるという業者もありますが、エイワの考え方は非常に独特で今やマイノリティになってしまっています。エイワのような会社もありますが、やはり社会は職業がどれだけ安定しているか、それによって社会的な立場や信頼までも決めてしまう流れにあるのではないかと思います。

この信用の流れが変わらない限りは職業の人気ランキングというのは日本では変わらないのではないでしょうか。学生のことをけしからんと叱るのは簡単ですが、一番重要なのは社会の信用に関する考え方を変えることではないかと思います。

エイワのような中小企業から大手に借り換えができれば一人前だ

借り入れできるキャッシング業者には一応「格」のようなものが存在しています。いわゆる大手と言われているキャッシング業者、そして銀行系カードローンを頂点としていて、それらから借り入れが出来る人は信用が高く格が高いと考えられています。それらの中でも順列が決まっていて、全く審査に通りにくいと言われている銀行系カードローンから借り入れできる人はかなり信用の格は高いと考えられるでしょう。

もちろんこういった大手以外にも中小企業の貸金業者もあり、その中小の中でも借りやすいものもあればかりにくいものもあります。一番借りやすいのは闇金だと思いますが、闇金自体が違法で使ってはいけないものですからそれらは省いたとしましょう。そうなると地域密着型の少額借り入れができる貸金業者がいいでしょう。10万円程度くらいしか借り入れは出来ませんが、審査は緩いです。

それらの次に緩いところと考えられているのが全国規模で展開しているエイワです。全国規模で展開しているエイワは中堅業者ですから緩めの審査になっています。借入の時に気をつけたいのは対面審査があることくらいです。いわゆる面接のようなものですから、そこでしっかりとした受け答えを社会人として行えるのであれば問題なく借り入れできるでしょう。エイワは全国に支店をおいているので、地方の地域密着型貸金業者よりも、利用しやすいと言えます。

そうしてこれらエイワや地域密着型の業者を利用していた人たちが、上位にある消費者金融である大手消費者金融や銀行系カードローンに借り換えできるようになれば、それはもう立派なことだと思います。大手に借り換えできるようになるということは信用がそれだけ蓄積してきたこと、いい職業についていると思われていること、そして安定した収入があると思われていなければ出来ないことですから。エイワや地方の貸金業者を利用している人は頑張って次は銀行系カードローンなどの、条件が良い有名業者に借り換えられるように、信用を蓄積して収入をアップしていく努力をしてほしいと思います。